【ReactNative】Androidリリースをイチからメモ

流れ

  1. 鍵を生成・配置
  2. gradle.propertiesにgradle変数を追加
  3. build.gradleにsigningConfigsを追加
  4. APKファイルを生成
  5. APKファイルをplay storeへアップロード

1. 鍵を生成・配置

生成

keytool -genkey -v -keystore your_app_name.keystore -alias your_app_name -keyalg RSA -keysize 2048 -validity 10000

your_app_nameの部分を適宜変更する

姓名・組織単位名・組織名・都市名・州名・国番号などを聞かれるので適宜答える。 あまり重要じゃなさそう。

※国番号に関しては、日本の場合はJPとする。

配置

生成されたキー(your_app_name.keystore)をandroid/appへ配置。

2. gradle.propertiesにgradle変数を追加

android/gradle.propertiesに以下を記述

MYAPP_RELEASE_STORE_FILE=your_app_name.keystore
MYAPP_RELEASE_KEY_ALIAS=your_app_name
MYAPP_RELEASE_STORE_PASSWORD=your_password
MYAPP_RELEASE_KEY_PASSWORD=your_password

他のgradleファイルから参照される値なのでキーは独自に変えても良いと思うが、公式でもこのキーが例に上がっているので素直に従っておく。

3. build.gradleにsigningConfigsを追加

...
android {
    ...
    defaultConfig { ... }
    signingConfigs {
        release {
            if (project.hasProperty('MYAPP_RELEASE_STORE_FILE')) {
                storeFile file(MYAPP_RELEASE_STORE_FILE)
                storePassword MYAPP_RELEASE_STORE_PASSWORD
                keyAlias MYAPP_RELEASE_KEY_ALIAS
                keyPassword MYAPP_RELEASE_KEY_PASSWORD
            }
        }
    }
    buildTypes {
        release {
            ...
            signingConfig signingConfigs.release
        }
    }
}
...

siginigConfig {}とsigningConfig signingConfigs.releaseの部分を追加。

4. APKファイルを生成

cd android && ./gradlew assembleRelease を実行。 すると android/app/build/outputs/apk/release/app-release.apkファイルが生成される。これがアプリ本体らしい。

5. APKファイルをplay storeへアップロード

https://play.google.com/apps/publish へアクセスし、左サイドバーのリリース管理 > アプリのリリースからAPKファイルをアップロードする。「リリース名」や「このリリースの新機能」などを記入して公開する。 iOSと違い、Androidのリリースは審査なしですぐに反映される。

2回目以降のリリースについて

ここに書いた。 kang.hateblo.jp

参考

公式ドキュメント facebook.github.io